週末オランウータン 2016年12月
FC2ブログ

週末にぼちぼちと名古屋の東山動物園のオランウータンさんに会いに行っています。

ゆくとし2016年 2016/12/30(Fri)





今年の11月に会った時のアキさんです。
ましゃか、それが今年の東山ラストになるなんて思ってもいなかったのでした。




麻袋すっぽりのアキさん。

会おうと思えば普通に会えた幸せ。
会おうと思っても会えない今、普通の偉大さを知りますね・・。



んばっ。

まぁまぁ。
もうちょっとすれば、普通に会えるわよ。
私たちはげんきだから、待っていてね~(妄想




アキさんの果てしなくきれいな瞳の色。
惹かれるなぁと思う。

バランが新聞紙を被ってねているのをみてオランウータンという存在に惹かれる(2011年)
→アキさんに出会いひとめぼれする(2012年)
→オランウータン坂を順調に転げ落ちていく(2013-2016)

私のオランウータン略歴です・笑

アキさんはスマトラオランウータンでらっしゃいます。
アキさんを見ていると、生息地のスマトラ島を感じます。
他にもたくさん好きな子はできたけど、生息地を感じるという感じ方をするのは、私にはアキさんだけです。

その気持ちのままに、すすんできて、どんどんいろいろな縁がつながっていきました。
時に楽しみ、時にがんばり、時に無理をし、時に喜び・・。
今年も新しいご縁があり、新しいことをはじめることもできました。
ですがその一方で、大切に思っていた人から思いがけない誤解をうけてハゲそうになるほど悩んだりもしました。
いや、ハゲませんでしたけど!
どう誤解されようと、自分がその人を大切に思う気持ちに変わりはない、時間にまかせようという結論に達するまで、
後頭部の一部がちょっとごにょごにょしたくらいで…笑

いろいろなことがありましたが、
オランウータンという存在に出会ったおかげで、私もいろいろな扉が開き、新しいことを知ることができています。
私も、というのは私だけではなく、動物園で動物に出会い、素敵な縁がつながり、
私とは比べ物にならないほど、深く動物を知ったり、新しいことをはじめたり、素敵なことをはじめたり‥。
そんな方がたくさんいらっしゃる。

動物園は、そんな縁をつないだり、深く人を変えたりする場所でもあります。
東山動物園さん。
再開を楽しみに待っています。
無理しないで、皆さまお体ご自愛ください。
どうぞよいお年を。

**



おとろえぬ美貌のネオさん。




小首かしげちゃって、お茶目なアキさん。

来年も、素敵なネオさん、アキさんに出会えますように!!

では、今年も訪問ありがとうございました。
皆様、よいお年を!

関連記事
オランウータン(アキ) | 2016/12/30(Fri) 

オランウータンのカレンダーが見つからないわ~とお困りのあなたへ! 2016/12/24(Sat)

困ったわ…、来年のオランウータンのカレンダー、いいのが見つからないわと、お困りのあなた!
困ったわ…、オランウータンのカレンダーがないと年が越せないわ…、とお悩みのあなた!

朗報です・笑!



じゃん!!

素敵すぎる~~~!(ドンドンドン)
こちら、野生のオランウータンさんです。
ボルネオダナムバレーの野生オランウータンを撮影したもの。

プロ写真家のCALVIN氏の手になるもののようです
(カレンダーに紹介が)

さすがのクオリティ。

うん、素敵なのはわかった。でも、これカレンダーじゃないじゃん?
とお思いでしょう。



じゃん!カレンダーなんですよ~。
先ほどのは、日付面の裏側で、全面オランウータン写真になっているという。

そして、カレンダー面は、写真のとこだけクリヤ加工されててピカピカなんです。
裏の全面写真はマット加工なんです。
その細かいこだわりよ。

あっ!(゚Д゚;)今見てて気が付いた!
このカレンダーのとこの写真の子たち、みんなこっちを見てる。
視線がこっちにある。
親子でこっちみてるのもある!

どんだけ粘って撮ったんだ~~((゚Д゚;)



2017年カレンダー。
大きさがわかるように、比較対象でリモコンおいてみました。
はい、けっこう、でかい。

A4とまではいわない…、ええと(紙あててみた)B5ですね!
大きいことはいいことです、写真の迫力が違う。
そして、作りがすんごくしっかりしてる(紙が厚い)ので、でかいけど安定感抜群です。




ええと、そして、これはさらに隙間なニッチな人向けへのお勧めポイントなのですが・笑
私にとってこのカレンダー最大のアナザプッシュポイントは、研究者久世濃子さんの、全面写真。
このページ。
なんでプッシュかというと、久世さんが
”1、調査スタイルで”、”2、まさに原生林の中で”、”3、プロが撮った”、”4、すごくかっこよく”
写っている写真が載っているというところです。

こちらの→『研究室に行ってみた。オランウータン研究者編』や、
本などで、オランウータン研究がどんだけ大変なものかとか、その道のりなどを知った人にとって、
この写真は問答無用で、おおおおおおぉぉぉとなる、と思うのですが、どうでしょうか。
なんというか、こう、がんばれーー!!応援してるぞー!と言いたくなるというか。
きっと、わかる!っていう人がほかにもいると信じてる・笑

まぁ、そんな個人的すぎる感想(?)はここまでにしても!

***

すてきなオランウータンカレンダーを探しておられる方にはとてもおすすめだとおもいます。
実はこのカレンダーまだ手元に持ってる人は日本にほとんどいない、です。

私も先日の、イベントで先行で入手しただけでして。
んで、イベントで見て、あ、オランウータンいっぱいいいな~くらいな印象だったのですが、
家に持って帰っておくと、その印象が変わりました。
これ、すごくいい!ってなったんです。
写真のクオリティと、作りのしっかりさで、ちょっとカレンダーっていう物体を越えてます。
写真集をおいてるようなかんじ。
ひとつの家具を置いてるようなかんじ。
たぶん、来年が過ぎても、私ずっと写真集として置いていると思う。

そんで、これほんまええ!と思ったので、早い事紹介記事を書こうと思っていたのですが、
遅くなった^^;

このカレンダーは、現地マレーシア製です。
ダナムバレー森林保護区にあるホテルが作成しています。
日本で今、唯一提供しているのは、日本オランウータンリサーチセンターさん。
そして、正確にはこのカレンダー”買える”ものではありません。
下のファンドレイジング(寄付)のリターンとして、ギフトされるものです。

日本オランウータンリサーチセンターさん、今、新しいファンドレイジング(寄付)に挑戦中。

『野生オランウータンの夜間観察に挑戦します!』

こちらの5000円寄付のギフトとして、このカレンダーが提供されているのです~。
一番人気のギフトですね、素敵なオランウータンカレンダーをお探しの方には、ぜひおすすめですよ~。
(大阪のcafe*kirin*さんで、今販売もされています)

もちろん、寄付の趣旨に賛同して、協力しよう!ということで寄付して、
なおかつ、素敵なオランウータンカレンダーもゲットできるというのが一番、ウィンウィンでいいですね!

こちらのファンドレイジングも、紹介しそびれていたので、一緒にご紹介です。
世界でも初めてという夜間観察(オランウータン)について、書いてあります。
わくどきするねん。

『野生オランウータンの夜間観察に挑戦します!』

チャレンジは、年内(12月31日)で、ギフトは限定数があるので、
欲しいな!と思われた方は、おはやめに~~!


ええと、そんな今日は、クリスマスイブですね!

皆様、メリークリスマス!
よいクリスマスを~

(最近の記事は、文字が多いな!笑)
関連記事
オランウータン情報 | 2016/12/24(Sat) 

国内初の取り組み! 2016/12/24(Sat)

オランウ―タンの大きなニュースが飛び込んできた、先週!

毎日新聞WEBの記事

ズーラシア、多摩動ともに、公式発表がありましたね。

ズーラシアのバレンタイン・チェリア親子が
多摩動物園に移動のニュース。

移動の経緯や、その意義などは、上の毎日新聞の記事に詳しいです。
記事を書いた方は、記事の正確さに定評のある方のようで、
たしかに過不足ない情報が、わかりやすくまとまっています。

一言でいうと、”子育てをしらないお母さんには、お母さん修行を。
人工哺育の子供には、ほかのオランウータンと交流してオランウータンらしさを学ぶ”ための移動です。

バレンタイン・チェリア親子はもちろん、
多摩のオランウータンさんたちにとっても、よい機会となりますように。

欧米ではこういった、移動や、子育てを知らない母親に代わる、代理母というのは
よく行われていますが、日本ではほぼ初めてといっていいです。
もちろん、そのような事例があることは周知されていても、
やろうとしても簡単にできるわけではない事だったでしょう。
もどかしい思いをかかえつつも、関係者の皆様が、一歩ずついろいろな問題をとりのぞき、
歩んでこらえた結果が、今回につながったと思います。
感動しました。

受け入れ先の多摩動物園も、飼育員さんにとって新しいチャレンジなので、
いろいろ苦労もあることとは思いますが、多摩には素晴らしい飼育員さんと、そして
素晴らしいオランウータンさんたちがいるので、きっとよい結果がもたらされると、
今から楽しみにしています!

文章ばっかり長いな~・笑


関連記事
オランウータン情報 | 2016/12/24(Sat) 

今年の12月はオランウータン月なのか 2016/12/23(Fri)

12月になって、も、なんだかオランウータンなニュースとか、オランウータンな情報がたくさんで、
今年の12月はオランウータン月なのか\(^o^)/と思っております。
ありすぎて、ここにかけないまま、いくつもたまっておりますが、
とりいそぎ、ナショジオ関係な、読み物関係を!

1、『研究室に行ってみた。オランウータン研究者編』

WEBナショジオで今月連載されました。
オランウータン研究者、久世さんのレポート。
作家の川端裕人さんが、いろんな研究室に突撃レポートそのインタビューをのせる、という形式です。
1回から6回まで豊富な記事。無料なWEB記事ながら、読み応えのあるレポートです。

そして、川端裕人さんは、実際に調査地ボルネオダナムバレーも訪問したこともあり、
オランウータンにも、オランウータン研究にも詳しい。
でも、研究者ではないので、あくまで部外者がききますよというレポートになっているのがおもしろく、読みやすい。

第四回の、久世さんとオランウータンとの出会いはほんと衝撃です・笑
その出会いだけではなく、研究を志すまでのきっかけとか、縁が人を運ぶんだなぁと思いました。

全編、濃厚で興味深い記事ですが、私にとって一番面白かったのは第六回でした。
久世さんが自身の子育てを通じて、ヒトの子育てであったり、ヒトの感情というところを、
オランウータンを通じて実感し、考察している。
多くのオランウータン好きの人がいうことなのですが、”人とDNAが一番近いのはチンプだって知ってるけど、
なんだか人と感性が一番近いのはオランウータンじゃないかって思う”って。
オランウータンに惹かれる要素の一つだと思うのですが、そのあたりのキュンとなるポイントを
ぐいぐいついてくる記事でした。
そして、単純にオランウータンの子供と(難をのがれるために)抱き合ったという、箇所があるのですが、
その場面、想像すると、もうなんか、うらやましさとか素敵さで、ぐぬぬぬとなれます。

→記事へ『研究室に行ってみた。オランウータン研究者編』

2、メルマガ 『川端裕人の秘密基地からハッシン!』

↑の記事を書いた、作家の川端裕人さんは、メルマガも発行されてて(月2回 有料864円/月 初月無料)、
動物のこと、天文のこと、宇宙のこと、などなど作家の興味のおもむくまま、さまざまな場所に行き、
実際に体験し、写真をとり…。そして得た、専門家並の知識と体験を反映させた、メルマガを発行させておられます。
有料ですけど、実際に本かったくらいなすごいボリュームですので、なっとくな内容。
サイエンス興味あるねん、という方にはおすすめ、新しい扉ひらかれまくりになることでしょう。

そして、そんなメルマガで、今月12月16日配信から、オランウータンレポがはじまりました。
ダナムバレー訪問記なのですが。
写真がすんごいです。
なんでこんなきれいに彼らをとらえてるんや…とおもう。
実際自分の写真が写真として壊滅状態だったのでよりそうおもう。
あと、さすが伝えるプロの書くレポートは、もうなんか、すごい。
森の調査の一日が、空気感もこみで、過不足なくつたわってきました。

今月中に登録したら、12月16日配信分から読めるので、おすすめなので、ここに書いてお行きます

メルマガ 『川端裕人の秘密基地からハッシン!』

ここをクリックしてでてきたページの”定期購読する”から手続きしてください。
手続きができたら、5秒で初回のメルマガとどきますんで。

文字記事でした~
関連記事
オランウータン情報 | 2016/12/23(Fri) 

ピコたろう風、講演会案内 2016/12/22(Thu)

つまりこういうことだと思うの。

*****

♪~(前奏 PPAP風)



I have a ナショジオ12月号オランウータン特集~♪


+




I have a オランウータン研究者 久世先生~♪

(※ナショジオのオランウータン特集の監修をしたのは、久世先生!)


はっ!!!!!!!!(くっつけたら!)






ナショジオを読もう!講演会~~♪♪
オランウ~タン講演会~♪


お申し込みはこちら!→詳細・申込ページへ


*****

か、かろうじて旬かな?!
是非、PPAP風に歌ってほしいの。

尊敬する研究者さんをパロディ風に紹介するのは、
な、なかなか勇気のいることでした…汗
ちなみにお写真は、久世先生の本の『オランウータンってどんなヒト?』の扉のお写真です。

オランウータン講演会~♪
楽しそう。
そりゃもう、ナショジオという雑誌の特集を、監修した先生がきて、
特集の解説をする、しかもその先生は野生のオランウータンをばりばりフィールドで研究しているっていう、
なかなかない講演会だと思うわけです。
このPPAP(違)は、いましかない!

週末オランウータンは、全力でこの講演会を応援しております~
お申し込みはお早めに!(定員40名)

お申し込みはこちら→詳細・申込ページへ
関連記事
オランウータン情報 | 2016/12/22(Thu) 

1月にオランウータンイベントin大阪!(at cafe *kirin*) 2016/12/17(Sat)



1月に、大阪で、オランウータンのイベント(講演会)が開催されます!

えーーー!ホント?!(↑と言ってる風写真・笑。 実際は2014ボルネオにて撮影した野生の子が遊んでるところです~)

■ ■ ■ 「ナショジオ12月号オランウータン特集を読もう!」in大阪 ■ ■ ■

・日時:2017年1月22日(日) 13時~15時
・講師:久世濃子(オランウータン研究者・国立科学博物館特別研究員)
・会費:2000円(当日会場にてお支払いください)
・会場:Gallery Cafe *Kirin*(大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-17)
    アクセス地下鉄御堂筋線『動物園前』より徒歩10分ほど
         地下鉄堺筋線『恵美須町駅』より徒歩10分ほど
    天王寺動物園さんの近くです。
    →Gallery Cafe *Kirin*のHPへ

・主催:日本オランウータンリサーチセンター

・申込み方法:主催HPのメールフォームから申し込む →詳細・申込みページへ


■ ■ ■ ■ ■

関西・中部でオランウータンの研究者さんの講演会は、ひっじょーーに珍しいです!
久世さんの講演会、私も初めて聞きます。
こちら12月3日に東京で行われたイベントを、さらにブラッシュアップして関西版として行われるそう。
行くしかない!!
ほんま行くしかない!(落ち着け!)

ナショジオ12月号のオランウータン特集の記事(久世さん監修)がタイムリーにでているので、その記事のリアルタイムな解説があるそうです。
ナショジオ12月号を読んでいるとさらに面白いとおもいますが、
ナショジオの記事に特化しているわけでもなくて、オランウータンのとてもライブな情報がきけると期待。
なにせフィールドで野生のオランウータンをじっくりみておられる研究者さん。
その手と足と目で肌でオランウータンについて感じておられる方の話が、おもしろくないはずがないのです。

事前に質問も受け付けて、それにたいしての解説も。
どんなコアな質問でも、どんな平たい質問でも、okなオープンなイベントになるとおもわれます。

カフェkirinさんは、私も一度、旭山動物園の坂東園長のイベントを聞きに参加したことがあります。
場所は、まさに天王寺動物園のほど近く。通天閣のほどちかく。なにわのドまんなか。
御堂筋線の動物園駅から歩いていきました。
土地勘のない方は、ちょっこし方角がわからなくなるかも。
地図を印刷していくか吉。
まぁでも私がたどり着けているので、大丈夫です。

さらにさらに、
当日はキリンさんのギャラリースペースで、『照麻まみさん個展 おさるのイラスト作品展』が開催中。
(イラスト展は2017年1月20日~22日開催)
たくさんのおさるのイラストで、オランウータンのイラストももちろんあるそうなんです!!
作家さんも期間中は在廊されているそう!!

もう、ほんま行くしかない!(落ち着け!)

主催のHPへ→日本オランウータンリサーチセンター


************************

☆拍手メッセージへの返信☆
(2016-12-22更新)

☆照麻さま!
作家さんご本人からメッセージありがとうございます!びっくり~!
告知のオランウータンのイラストをみて、なんて素敵なイラストなんだろうと思っていました。
当日作品をみせていただくのが楽しみです。
そして私の前のめりすぎなコメント、一部修正しておきましたmm
興奮しすぎててごめんなさい^^;
ご準備いろいろ大変かとおもいますが、頑張ってください!

☆K さま!
講演会いらっしゃるのですね~!お会いできたらうれしいです。
大阪のオランウータンさん、以前いらしゃったんですよね。
残っているオランウータン舎のさつきさんのイラストを見にいったとき、
たまたま、以前いたオランウータン(かなりまえだそうです)さんのはく製を見ることができました。
確かに、ここにオランウータンが生活していたんだなぁと感動した覚えがあります。
関連記事
オランウータン情報 | 2016/12/17(Sat) 

東山動物園さん 2016/12/11(Sun)



スマトラオランウータン、アキさん。
今年の夏、キラキラした笑顔のヒトコマ。

月並みな言葉だけど、がんばれ東山さん。
大好きな東山さん。
関連記事
オランウータン(アキ) | 2016/12/11(Sun) 

ナショジオ、オランウータン祭り! 2016/12/10(Sat)

12月のナショナルジオグラフィックがオランウータン祭り!

1、ナショナルジオグラフィック12月号の特集がオランウータン!

→オランウータン特集紹介ページ(ナショジオ12月号)

紹介ページのオランウータンは、スマトラオランウータンだそうです!
ティム・レイマンという動物写真ではとても有名な方の写真なんですって、へぇ~~!!
迫力ですよ!

ナショナルジオグラフィック12月号は、一般書店でも、アマゾンでも購入できます。


2、WEBナショジオの人気コーナー”研究室に行ってみた”が、オランウータン!

→研究室に行ってみた(WEBナショジオ)ページへ。
今月はオランウータン研究者の久世濃子さん登場!


6回連続更新の連載で、現在第五回まで掲載されています。
最終6回目は、月曜の更新です。
作家の川端裕人さんが、久世さんにインタビューをしています。
さすがのわかりやすさ!
オランウータンについて、とてもとてもたのしく読める連載なので、ほんっとオススメです。
ここをみておられる方はオランウータンがお好きなかたなので、もう読んでるよーという方も多いでしょうけど、
もしオランウータンにそれほど興味ないよーという方でも、楽しめる内容だとおもうの!

第四回の、久世さんとオランウータンの出会いなんて、もう衝撃でゲラゲラ笑ってしまいましたよ\(^o^)/

そして、ちょっと真面目な話ですが、第五回の、オランウータンも絶滅危惧種だけど、オランウータン研究者も絶滅危惧種なんですよという内容はなかなか普段でてこない内容なので、とても興味深く読みました。

ぜひ~!!

3、ナショジオでもオランウータンでもないですが、テレビ情報~
明日の夜の”情熱大陸”が、テングザル研究者さん!

ボルネオのキナバタンガン川で、すごいまさに情熱をもってテングザルを研究されてる
松田一希博士登場です。

友人におもしろいテレビあるよ~って教えてたら、”イケメンだね!”って・笑
そう、たしかに、とってもイケメンな研究者さんだよね!

**

久々更新が文字情報ですみません~!

休みにはオランウータン活動いろいろがんばっているのですが、ブログにのせる写真などがなくて^^;
先週は、千葉の市川市動物園のスマトラオランウータンご一家に会ってきました!
イーバンはほんと素敵なフランジオスさんだな~~って思いました。

関連記事
オランウータン情報 | 2016/12/10(Sat) 
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

週末オランウータン

Author:週末オランウータン
mail:
akiorangutan-syumatu@yahoo.co.jp

■東山動物園の
 スマトラオランウータン
 ファンブログです。
■東山のスマトラオランウータン
 アキさん(34歳メス)と
 ネオさん(49歳メス)の
 ことが中心です。
■アキさんとネオさんは姉妹です。
 野生下と同じで単独生活をしています。

ブログ村、ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

INFORMATIONS