週末オランウータン 2014年07月
FC2ブログ

週末にぼちぼちと名古屋の東山動物園のオランウータンさんに会いに行っています。

おめでとう、マルコさん! 2014/07/30(Wed)

日本モンキーセンターの、チンパンジーのマルコさんが、赤ちゃんを出産されましたよ~~!
先週の金曜の早朝に、無事出産なのだそうです。


ちょうど、この土日に犬山で霊長類研究所の公開講座に参加してきて(楽しかった!)
土曜日に夕方ほんの一時間ほどですが、霊長類友さんと、モンキーセンターにも寄りました。
産まれて2日目の、赤ちゃんをしっかり見てきました。
マルコさんにしっかり抱っこされて、くかーって眠ってましたよ。


うれしい。
うれしいですね!


霊長類研究所の公開講座の帰りの電車で、同じく講座を受けた方といろいろ楽しくお話させて
いただいていたのですが、ちょうど金曜の産まれた日にJMCに寄られたそうです。
そうしたらセンター長であり霊長類研究所の教授でもある松沢教授が、
”産まれましたよ!みてやってくださいね!”ととってもうれしそうに、来園者のみなさまに
話しかけてまわっておられたそうです。
ん?どなたかな?飼育員さん?と思ったら、松沢教授だった、とのこと・笑
喜んでおられるご様子が、目に浮かぶようです。
やーーとってもとってもうれしいことですもんね!
素敵なお話を聞けました(>ありがとうございました!)


カメラは持っていっていなかった(持っていっても屋内でまだ産まれたすぐなので撮るのは遠慮したと
おもいますが)ので、文字記事ですみません。
JMCのサイトや、フェイスブックに写真が載っていましたので、
チンパンジーファン、霊長類ファンの方はぜひみにいってみてください~。


JMCではチンパンジー以外では、ワオキツネザルと、リスザルをみていました。
なんでも日本にいるワオキツネザルの1/4がJMCにいるのだそうです!
そして、ワオランド(無柵状態でワオキツネザルの群れを見ることができる)のすばらしさというのは、
もちろん展示方法もそうですが(本場マダガスカルから来た方が、絶賛したそうです)、
その群れ管理にもあるそう。
担当の飼育員さんはそのすごい数のワオちゃんすべての個体識別をし、個性、力関係を知り
群れがうまくいくように、目配りをし、時に群れを移動させたりするそう。
ハード面もすごいけど、ソフト面もとっても大事なんだそうです。
へ~~~でした。
ちょうと夕方でお客さんも少なかったからか、いろいろ教えていただきました。
ワオランドやリスザルの島は、一日いても飽きないだろうなぁ。
関連記事

アキさんのプロフィール 2014/07/29(Tue)

先日のネオさんに続いて、妹のアキさんのプロフィールです。


アキさんは私がヒトメボレして、本格的に東山に通うきっかけとなったオランウータンさんです。
現在持ってるデジタル1眼も、アキさんを撮るために買いました。
恋は冷めやらず、日々深まるばかりです。どうしたらいいのか。


**






20140323撮影 タンポポを手に持つアキ


スマトラオランウータン
(霊長目ヒト科オランウータン属 スマトラオランウータン亜種(Pongo pygmaeus abelii))
名前:アキ
性別:女性


生年月日:昭和59年(1984年)9月13日(木)
父:バラン(22歳) 母:プリー(21歳)
 ※バラン・プリーの間の第二子です。(バランにとっては第五子です)
年齢:29歳(2014.7現在)



 ”アキ”の名前の由来は、生まれた季節によるそうです。
 秋生まれの、アキさん!
 ちなみにアキさんが生まれた時、アキさんも含む、東山オランウータン舎の個体数は、 7人でした。
 (オス:2 メス:5 赤ちゃんはアキさんも含めて2) 


生まれた場所:東山動植物園、オランウータン舎にて
生育:人工哺育
出生時体重:830g


  母プリーさんはその後も3頭の赤ちゃんを産んでいます。(死産個体を含めるともっと多い)そして、そのうちノブ・バリを自然哺乳で育てています。そんなプリーさんから産まれたアキさんが、人口保育になった理由は出生体重を見るとわかります。これは、オランウータントークでもよくお話されているのですが、アキさんは低体重で出生(妊娠期間は243日で通常なので未熟児ではないそう)されたそうです。手などにも軽い障害があったそう。
当時もう一人いた赤ちゃんのラヤちゃんも人口哺育だったので、当時のオランウータン舎がめちゃ大変!だったことは想像に難くありません。しかもアキちゃんは当時、体が弱くすぐ風邪をひいたり下痢をしたりしてほんとうに目を離せない赤ちゃんだったそうです。手探りで試行錯誤しながら飼育員さんたちが、一生懸命に育ててこられたそうです。
今ここにタイムマシンがあったら、当時にタイムスリップして、飼育員さんたちにリポビ●ンDを差し入れしたいです。
おかげでアキさんは当時少しもっていた軽い障害も、体の弱さも、今はすっかり克服して、元気な”東山随一のお嬢さん”として、オランウータン舎でウキウキハッピーライフ☆を送っておられるのです。
いや~~ほんとうに、当時のスタッフの皆様のがんばりに心から感謝をささげたい。



出産:平成17年(2005年)3月4日
    (アキ21歳のとき)
    キック(オス)を出産
 ☆キック:父マックス(豊橋から前年BLで来園) 母アキ(21歳)
    出生時体重1400g(東山の屋内展示場掲示による情報より)
    3月4日出生、3月17日永眠。


 たくさんの人の願いと祈りの中生まれてきたと想像できる、キック。
 (父のマックスはこの時すでに他界していました。豊橋の飼育員さんにとってもキックは希望そのもの 
 の存在だったという記事を読んだことがあります)
 残念ながらあまりにも短い命だったそうです。
 アキさんとマックスの間に生まれた子、でキック。
 私は会う事は叶いませんでしたが、このお名前はずっと覚えていたいと思う。


 アキさんはずっと、しっかりと、キックを抱いていたそうです・・。
 亡くなった後も、しばらく何日も抱いていたとお聞きしました。
 個人的にこの話を思い出すと、アキさんにとってどんなにキックが大切だったかと想像してしまって胸が苦しくなります。
 人工哺育で育った場合、自身の子育てに不安がある場合があるとよく聞きます。
 ですが、アキさんはキックをしっかり抱いて、授乳もしたそうです。
 ちゃんと母の役割をはじめたアキさんを見て、スタッフの方はほんとうに喜ばれたことでしょう。
 アキさんに子育てを学ばせるため、飼育員さんは工夫されたそうです。
 アキさんが7歳のときに生まれた弟バリ君。(同じ母プリーさんの子供)
 プリーさんがバリ君を育てるところに、アキさんも一緒にしておられたそうです。
 (ひょっとしたら、その前の弟のノブ君の時もかも) 
 なので、アキさんはプリーさんの子育てを見て育っているのです。
 そしてその経験をちゃんと覚えていて、自身の子を生んだときにそれを生かしたということなのでしょうね。
 キックが長く生きられなかったことは本当に残念ですが、短い命でもちゃんと母の胸に抱かれていたんだと思うと
 胸が熱くなります。


特技:絵を描くこと
 クレヨン数色を使って、画用紙に絵を描く。
 前述のキックが永眠した後、精神的に落ち込んだアキさんを、はげましなぐさめるため、
 飼育員さんが絵を描くことをアキにすすめた。


今は飾られていませんが、以前は屋内展示場にアキさんの絵が飾ってあったそうです。
 東山で、絵画展も開かれた!と聞いたこともあります。
 他の類人猿も、絵を描くそうですよ~
 多摩動物園や天王寺動物園でもオランウータンの書いた絵を見たことがあります。
”アキさんの絵”のグッズがあれば、私問答無用で買うんだけどな。
 ズーデガッテンさん(東山のお土産やさん)グッズ化してくれんかな!
 Tシャツとか、ハンドタオルとか…。


(2014.7記載)
 **


今わかってるプロフィールはこんな感じです。


続けて、屋外のアキさんの見所的な記事を書こうかなと考えたのですが、
うまく短くまとめることがとてもできなさそうなので断念しました。
そのあたりは、個別のアキさんの記事をみていただければ、と・笑。


でも、ひとつだけ、お写真。
私がヒトメボレしたアキさんの姿。





くるんと、アキさん団子。
来園者に近いところの角でくるんと丸まって、逆にこちらを観察しているアキさんの姿。
2012年11月某日。
とってってっててと歩いてきて、くるーんとまるまってこちらを見たアキさんの
存在感と愛らしさに、衝撃を受けました。
衝撃のままフォーリンラブ。
(上記の写真は2013年12月撮影)


お知り合いになったオランウータンファンの方で、私とまっったく同じ状況でアキさんにフォーリンラブした
方がおられます・笑
このポーズをみて”かわいい~”と歓声をあげている来園者は多いので、他にも
このポーズでアキさんにヒトメボレして人生がオランウータン色に染まったという方が全国に実はめっちゃいたりして。
もしおられたら一緒に”アキさんくるん友の会”を作りませんかっ。
あれ?会の名前にセンスがない?・笑


アキさんのプロフィールまた、なにかわかったら記事を書いていきたいとおもいます。
読んでいただいてありがとうございます



関連記事

水遊び七変化な、アキさん 2014/07/25(Fri)

猛暑って言葉ではこの暑さもはや現しきれない!
暴暑とか、剛暑とか、激暑とか、いっそ笑っちゃうくらいの暑さで笑暑とか、爆暑とか。
嘘で暑、とか。
ダジャレが出たからそろそろ、止めま暑。


この暑さ、動物さんたち無事乗り切ってほしいです。
オランウータンさんは元気にしてたかなーーーっ。


暑い時には、アキさんの水遊びを見るに限る!ということで、水遊び写真です。
7月6日のご様子。
絶好調に水遊びをしていた時のご様子。
よくみれば、表情がいろいろいろいろひとつとして同じものはないっ、でしたので、
そんな様々なアキさん表情をあつめてみました。





立ち上がって水遊びをしているアキさん。
姿勢がパッション。
笑顔。





いひーっ。





ちょっと、アイーンな笑顔。





くわーーっっていうかんじ。





この表情にふと既視感。
そうだ…!
ト○ロが、猫バスを呼ぶときのお顔だ…!





もう、これ以上ないほどの、全力笑顔。
笑顔というか叫びというか。
きっと見えないけど、猫バスきてた。





お口とがらせ、笑顔。





ちょっと、落ち着いた・笑
座ってみずあそび。
両手バージョン。





よそ見、バージョン・笑
よそ見してるせいですかね?水の軌道がこっちよりになっているのがおもしろいです。





やっぱり、興がのってくると、シャウトするよ。
ちょっとこう、詩吟な雰囲気。





こちらは、もちょっと変則バージョン。
何をしてるかというと、右手は水場の水遊び。
そして、左手はヨーグルト容器に入れた水で水遊び。
同時進行!
アキさんは時に忙しい!





左手こゆうかんじ。
あっ、ヨーグルトカップ足でホールドしてるんだ。
どっちかっていうと、ヨーグルトカップ水遊びのほうに意識むいてるかんじ。
あ、だから上の写真で水の軌道がちょっとあっちゃむいてるのかな?笑





ヨーグルトカップに水追加!





そして、しまった、こぼした!なアキさん・笑
ん?それとも転がしたかな?
うれしそうですもんね。


様々アキさんでした~!
しばらく暑いから、またお水だしてもらってるかな?
水遊びで涼をとってね、アキさん。
あ、そういえば先日屋内でも水遊びしてる姿をみました。
屋内の水のみ場の水を腕ぜんぶつかって、ザバーッってかいだしていた。
飲む水なくなるぜよ?アキさん!笑


**


明日、あさってとお勉強会に参加してきます!
犬山の霊長類研究所の公開講座です。
霊長類について座学と、あと実習なんかもあるんです(わくわく
実習でチンパンジー舎も(ちょこっと?)見られるようなので、そちらも楽しみです。
あと骨学の実習もあって、個人的にはそれをとても楽しみにしてます。


最近モンキーキャンパスなどでも講座を聞かせてもらっていて、ちょっとづついろんなことを学んでいっていますが、
知れば知るほど、霊長類学って奥深いんだな~と思います。
なので、家人には講座から帰ると”だいぶ知識増えてきたやろ?”と聞かれますが
”というか、自分が何も知らないんだなってことがよりよくわかってきた”と答えます・笑
たくさんの繊細で粘りづよい観察や研究の上に、ひとつひとつの知見が積み上げられているんだな~と感心します。
なので、ちょこっと聞いたくらいでわかった気になっちゃいかんのだな、って思う。
楽しんで、無心に聞いてきたいと思います~。いってきます。




関連記事

僕達、すもも、スイカで、くるりだよ@ネオさん 2014/07/24(Thu)

7月21日、13時すぎころ。
おひるごはん、ネオさん。















水場のごはんを探すネオさん。
おしりが、かわいい。





水場の角に座って。
りんごなどを食べているネオさん。





見上げて。
視線の先には、屋根の上に飼育員さん。
ネオさんの視線を受けて、”もうないよ”と手をひらひらさせてジェスチャーする飼育員さん。





もう、ないのかー。





じゃっと、水場の真ん中あたりを探りはじめたネオさん。





すもも、みつけた。





それからねー。





スイカ、はも。





まだあるよ、知ってるよ。





スイカ、もいっこ。
オランウータンさんは親指が短いので、この時は人差し指と他の指で間にはさむように
して持っていますね。





方向転換。





しからば。
くるり。


こうして、お口にいっぱいこ詰め込んで、
ネオさんは奥の日陰に戻っていきました。
そこでじっくりゆっくり、それらを味わっておられました。


って、あるぇ?
デジャブを感じるこの流れと文章。


すもも→すいか→しからばくるり。


本日、2巡目のネオさんごはんでした。


2巡目の、その様子を見ててふと気がつきました。
最初りんごなど水場で食べていたけど、すももとすいかは持って行きました。
ひょっとしたら、自分のお口と手で持っていける量になるまで計って、その場で食べたのかなって。
かしこいオランウータンさんは、いつもいろんな事を考えていそうです。
関連記事

あなたのことが好きなのよ、とアキさん 2014/07/24(Thu)

7月21日、屋内部屋にて、アキさん。
ブレと映り込みがあるのですが、とても素敵なお顔を撮れたので。


屋内でアキさんを観察していたとき。
ちょうど飼育員さんが、前面ガラス前で、アキさんと遊ぶ様子をみせてくれました。


ガラス越しに、お互い指でコツコツと挨拶したり。
アキさんが飼育員さんの肩あたりに口をよせたり。
アキさんがお口をとがらせて、キスをしたり。
飼育員さんがひらひらさせるトランシーバーをじっとみたり。


そんなやりとりの中で、アキさんのこの笑顔。





あなたのことが、好きなのよ。


あなたのことが、好きなのよ、とアキさん。




そんなあなたがみんな大好きなのよ、アキさん。

関連記事

食事タイムケニーさん 2014/07/23(Wed)


















カシの木、もぐもぐ、ケニーさん。
飼育員さんが大きなカシの木を引きずって、アフリカゾウ舎に向かったので
ケニーさんをみていました。


ケニーさんにかかると、小さく見えちゃう・笑
オランウータン舎の背後の森は、ほとんどがカシの木なのだそうです。
そこから切り出したりしてあげるそうです。
産地直送だね。おいしい?ケニーさん!


**


こちらをみればオランウータンがのんびりといて、
ふと振り返るとアフリカゾウの雄姿がみれる。
動物園って不思議なだなあ~~とこの写真を撮りながら思っていました。
関連記事

ハンモックにショールネオさん 2014/07/23(Wed)

7月21日。
夕方、そろそろおうちに帰るころ。
ハンモックにネオさんが入っていきました。
ほぼ一日奥の左窓の日陰にはりついていたネオさんでしたが、
ようやく日ざしがやわらぎ、完全に日陰になったので、ここへきたようです。





優雅ハンモックのネオさん。
ドンゴロスショールかけて。
ハンモックにつたの飾り。





ちょっと引きでとってみる。
左手ちょこんとヘリにかけてポーズ。






さらにちょっと引きで撮ってみる。
優雅に座りながら、ハンモックにはいっていた白菜や小松菜をもしゃもしゃと食べていました。


夏の間は、夕方くらいしかここには入れないのでしょうね。
暑くて。


今年のひそかな目標。
ネオさんの優雅ハンモック姿をきれいにとること。
関連記事

鳥だ、飛行機だ、いやすももだ!@ネオさん 2014/07/21(Mon)

梅雨明け、夏空の東山を訪問してきました。
からっ晴れの猛暑を予想していましたが、オランウータン舎前はいい風が通って、
予想外に過ごしやすかったです。
のんびりホリデー。
大好きブログ主さんともお話できて、とても楽しい一日でした。


夏休み突入後、初の週末。
暑い時期はちょっと人出が減りますね。
ナイトズーの用意あちこちでみかけました。
私はナイトズー未経験なのですが、その時はきっとすごい人なんだろうな。




本日のお外当番は、ネオさん。
お昼前におやつタイムがありました。
そのご様子を。





座っているネオさん。





ん?


鳥か?飛行機か?


ひゅ~~るる~~る~~





ドボンッ!


未確認飛行物体が水場に飛来。





ただちに調査に向かうネオさん。
(実際は、ちょっとまったり、のんびりしてからでしたけど・笑)





未確認飛行物体、捕獲成功!






すももでした(はあと)
しかも二個



すももをツインで口にほおばるネオさん。
みごとな納まり具合。





あっ、スイカもあった。
いっこほおばり、いっこは手に持つネオさん。


あの、この場面上のすももツインのすぐ後なので、
すももまだお口に入っていると思われます。
すもも2個+スイカがネオさんのお口の中に。
大容量です。





よっこいせ!
ついでに白菜(手の先の白く沈んでいるもの、白菜でした)も持っていこ。





しからば。
くるり。


こうして、お口にいっぱいこ詰め込んで、手に白菜とスイカをもって
ネオさんは奥の日陰に戻っていきました。
そこでじっくりゆっくり、それらを味わっておられました。


**


暑い時だからかな、飼育員さんが屋根から水場におやつを落としてあげていました。
少しでも涼しくなりますもんね。
両手を水場にひたして、果物をさぐっている様子がとてもかわいかったです。
すももは下に沈んでいたので、けっこう深く手をいれてました。
あと、改めてオランウータンのお口はおおきいなぁと再認識。
ヒトだったらすもも1個も入らないですもんね(やってみた
それを余裕でふたつ、かぽっとお口にいれてました。


関連記事

BABYネオちゃんもしくはムカちゃん 2014/07/19(Sat)

ネオさんやアキさんの赤ちゃんの時ってどんなやったやろうな~、
どこかに映像ってないのかな~、と常々願っていました。


灯台下暗し!
なんと、東山の公式サイト中に、動画へのリンクあった!


動物と生きる飼育員のリンクページへ
上記ページへ飛んでしばらくプルダウンしたら”動物と生きる飼育員”という動画があります。
昭和45年の東山動物園を紹介した映像です。
いままでもそのリンクの存在はしっていましたがちゃんと見たことはありませんでした。


んがしかし。
昭和45年?!
昭和45年といえば!






この方、ネオさんが生まれた年ではありませんかっ!





優雅ハンモックのネオさん。
ゆったりくつろぎ。
でも胸に白菜・笑





美しいシンメトリーな背中をみせてちょこんと座るネオさん。
背中姿でも、優雅っていう。


このいとしのネオさんが生まれた年の映像だとう?!
フンガー、ひょっとしなくても、赤ちゃんネオさんがみれるんとちゃうのかっ。
と早速みてみました!


結果、赤ちゃんオランウータンの映像、ありました~~!
6:51~7:18にその映像があります。
三十秒足らず!ケチ~~!(しかも10秒くらいは飼育員さんの映像や~)
でも、めちゃめちゃかわいいです。


さて、ここでクイズです。
昭和45年3月、ネオちゃん誕生。
昭和45年4月、ムカちゃん誕生。(現在:浜松市動物園にいらっしゃいます~)


Q:映像の赤ちゃんはネオちゃんかムカちゃんさて、どっち?!


A:わかりません!(涙


なんで、せっかくオランウータン舎にカメラはいってるんなら、二人とも写してくれへんのや~。
でも飼育員さんに抱っこで哺乳瓶だから、人工哺乳のムカちゃんかな?
ネオさんは介添哺乳やから、でもひょっとしたら哺乳瓶であげることもこの頃はあったかもやし。
いずれにしても、めっちゃかわいいので、オススメです。
まだ見たことのない方、ぜひみてみてください。
昔の東山の様子も写ってて興味深いですよ!


**


以下、ネオちゃん、ムカちゃんの名前についてつらつらと。


ネオちゃんムカちゃんのお名前の由来については、特にどこにものっていない(見つけられていない)のではっきりした由来はしらないのですが。
父、母の名前からとって、というお名前ではないので、ほかの由来があるのでしょう。


まずネオさんは、たぶんNEOからきているのかなと思っていました。
調べてみるとギリシア語で新しいを意味する単語なのだそうです。
NEWと似ているけど、ちょっと違うそうです。
復活という意味合いもあるとか。
まったく新しくできたものというより、従来からあるものがより進化したみたいなニュアンスがあるようです。
東山ではじめて産まれたオランウータンの子供であるネオさん。
期待と喜びとそして飼育員さんの気合も感じる、ぴったりなお名前だなぁと思います。
ほんとうのところはわからないけど。


つぎに、ムカちゃん。
インドネシア語でMUKAという単語があるのでそれかなと思いましたが”表とか面”とかいう意味らしいのでちょっと違うのかなと。
それで、推測ですけど、これだったら素敵だな!という候補をみつけました。
漢字で”無価”(むか)。意味は” 値をはかることができないほど貴重なこと”。
大切な大切な赤ちゃんに、ぴったりなお名前だな!と。
もしそゆう意味だったら、お名前を呼ばれるたびに”大切な大切な宝物ちゃん”って呼ばれてるのと
同じなんですよね、そりゃ素敵だ。
こっちも、ほんとうのところはわからないけど!


いずれにしても素敵な名前だと思います。
このころは飼育員さんがつけてたのかな?来園者投票とかしてたのかな?
知りたいことがこうやってどんどん増えていく・・。
関連記事

そういえば、アキさんの毛!~初夏編 2014/07/16(Wed)

5月ころに、アキさんの毛のことで記事を書きました。
過去記事(そういえば、アキさんの毛)


昨年の冬にアキさんの毛が”くるくるふわふわ→さらさら”に変化していて、
次は、梅雨頃に”さらさら→くるくるふわふわ”に逆変化があるかな?!という記事でした。





7月6日(日)のアキさん。


おお!
くるくるふわふわさんではないですか。
この時特に、水遊びで、しぶき一杯こかかった後なので、よりいっそう湿気を吸ってふわふわして
いたのかもしれません。


いつふわくるになるかな~と思っていたけど、”あっ、アキさんの毛がふわふわ”と気がついたのは、
そのとき一緒に見ていたオランウータン友さんでした。
言われて”あっホントだ!”って気がつきました^^;。
こんなにふわふわにいつの間に、アキさん!


私の写真内で、この日以前の写真では。





6月15日のアキさん。
ちょうど3週間前。
サラサラ…ですね!





7月6日のアキさん。
くるくるふわふわ。


めっちゃ違う!


私の記録の中ではここが境目でした~。
6月の下旬頃、ということでしょうか。


このまま、冬までくるくるふわふわ期なんでしょうか?!


ひょっとしたら盛夏や、秋にはまた違う変化が訪れるのでしょうか?!
ふわくる期とサラサラ期では毛の手触りなんかも違うのかな~
アキさんの毛ってどんな手触りなのかな~。
想像が膨らみます。
(以前多摩で、抜け毛を触ったことがあります。固くて太かった)


また次の”そういえば、アキさんの毛”記事ででお会いしましょう^^/
関連記事
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

週末オランウータン

Author:週末オランウータン
mail:
akiorangutan-syumatu@yahoo.co.jp

■東山動物園の
 スマトラオランウータン
 ファンブログです。
■東山のスマトラオランウータン
 アキさん(34歳メス)と
 ネオさん(49歳メス)の
 ことが中心です。
■アキさんとネオさんは姉妹です。
 野生下と同じで単独生活をしています。

ブログ村、ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

INFORMATIONS